Home > ご依頼者様の声 > 借金問題解決事例

借金問題解決事例

当事務所にて,クレジット・サラ金問題を解決した事例のうち一部をご紹介いたします。

1:Aさん(60代女性) 弁護士受任前の毎月の返済額:14万5000円

      弁護士受任前残金      弁護士処理後残金   過払金
A社      172万               150万
B社       56万                30万
C社       57万                19万
D社       10万                 0万       10万
E社        2万                 0万       35万
F社       43万                 0万       85万
G社       28万                 0万      122万
H社      120万                 0万       91万
合計      488万               199万      343万

*弁護士受任前は500万円近くの借金があったAさん。
破産をしなくてはならないと思い,当事務所を訪ねました。
当事務所で受けた結果,返還された過払金から債務の残る会社に一括返済し,
破産の必要はありませんでした。
訴訟費用や弁護士費用を差し引いても,なお40万円がAさんの手元に残りました。

 

2:Bさん(60代男性) 弁護士受任前の毎月の返済額:2万3000円

      弁護士受任前残金      弁護士処理後残金   過払金
A社       31万                0万       11万
B社       54万                0万       57万円
合計       85万                0万       68万円

*安定した収入もあり,債務額もさほどは多くないため,
わざわざ弁護士に依頼するまでもないと考えていたBさんですが,
退職金を用いて一括返済した方が良いかの相談のためにいらっしゃいました。
お話しを伺い,利息制限法の適法利率に引き直すと既に完済していると思われる事案でしたので,
返済はしないようアドバイスをし,当事務所で処理した結果,予想通り債務は0円となり,
過払金68万円を回収することができ,訴訟費用や弁護士費用を差し引いても,
なお40万円がBさんの手元に残りました。

 

3:Cさん(50代女性) 弁護士受任前の毎月の返済額:3万円

      弁護士受任前残金      弁護士処理後残金   過払金 
A社       52万                 0万       210万
B社       12万                 0万       182万
C社        9万                 0万        90万
D社        0万                 0万       290万
E社        0万                 0万        75万
合計       73万                 0万       847万

*Cさんは,A社との取引を30年以上もしており,
残額の52万円を支払うことに疑問を感じて相談にいらっしゃいました。
話をしているうちに,過去に取引をして既に完済している会社が2社あるとのことで,
全ての業者に対して弁護士が対応した結果,合計847万円もの過払金を回収することが出来ました。
D社は,大きな争点があり,訴訟での攻防も激しいものが有りましたが,
無事希望額での和解ができました。
Cさんは,訴訟費用や弁護士費用を差し引いて,650万円程度を回収しています。

 

4:Dさん(40代男性) 弁護士受任前の毎月の返済額:8万円

毎月の支払        弁護士受任前残金     弁護士処理後残金
住宅ローン         9万1000円(総額約2100万円)
貸金業者・銀行等      12万円(総額403万円)

*Dさんは3年前に債務整理を経験しており,住宅ローン月9万1000円の他,
債務整理による和解支払金月9万円,3年前の債務整理の時には弁護士に申告しなかった
銀行ローン月3万円(総額200万円)の支払をしていました。
ところが,不況により会社から退職せざるを得なくなり,再就職できたものの,
毎月約21万円の支払は不可能となり,再度弁護士に依頼することになりました。
住宅を残したいというのが一番の希望でしたので,個人再生手続きを取り,
住宅ローンを除いた総債務を100万円に減縮,毎月の支払は2万7777円になり,
住宅ローンを合わせて12万円弱です。
減縮した債務は,3年返済を続ければ終了です。
弁護士報酬は,分割払いにてお支払いいただいております。

 

5:Eさん(30代男性) 弁護士受任前の毎月の返済額:18万円

     弁護士受任前残金      弁護士処理後残金   過払金
A社       90万            27万
B社       49万            49万
C社      101万            97万
D社       71万            70万   
E社       72万            72万     
F社      202万           202万      
G社      114万           114万     
合計      699万           631万

*Eさんは,病気を患い退職した後も,離婚時に約束した養育費を支払うために
サラ金から借りたり,クレジットで購入した物を現金化したりということを続け,
弁護士受任前の債務は699万円にも上り,毎月の返済額は18万円と支払い不能状態でした。
ショッピング現金化による債務が多かったため引き直し計算後もほとんど減額が無く,
自己破産を選択。手続きは申立後約4ヶ月で終了し,債務は0に。
現在弁護士報酬を分割にて支払っていただいているところです。

                                                ご依頼者様の声